申告漏れや無申告におけるペナルティ【加算税と延滞税】

確定申告を行わない場合や、確定申告を期限内に行ったものの計算に誤りがあり納付税額が過少であった場合には、加算税や延滞税が生じる可能性があります。特に無申告を繰り返しますと厳しい罰則があり、事業に深刻な影響を及ぼします。

“申告漏れや無申告におけるペナルティ【加算税と延滞税】” の続きを読む

役員報酬の留意点の解説【経済的利益や金額設定など】

法人成りをした場合、役員報酬の設定金額をどのようにするかにより個人を含めた税金や社会保険料の負担額が変わってきます。しかし役員報酬は損金算入されるものは限られており、そのルールを理解しておくことが重要となってまいります。

“役員報酬の留意点の解説【経済的利益や金額設定など】” の続きを読む

輸入に係る税務上の留意点【法人税編】

輸入販売を行う場合、税務上の留意点としまして課税貨物に係る消費税の他に、仕入の計上時期をどのタイミングにするかということがあります。また、外貨建取引を行う場合には日本円への換算が必要となり、為替変動による利益や損失が生じるため、税金計算にも影響を及ぼします。

“輸入に係る税務上の留意点【法人税編】” の続きを読む

輸入に係る税務上の留意点【消費税編】

輸入販売を行う事業者は、外国貨物を保税地域から引き取る際に輸入申告書を税関長に提出して輸入許可を受け、同時に関税及び消費税の申告と納付を行います。課税貨物に係る消費税は、国内課税仕入に係る消費税とは異なる特徴が多数ある為、知識や準備が必要となってまいります。

“輸入に係る税務上の留意点【消費税編】” の続きを読む

消費税8%と10%の判定【経過措置や月跨ぎに注意】

2019年10月1日以後に国内において事業者が行う資産の譲渡等及び課税仕入、そして保税地域から引き取られる課税貨物につきましては、消費税率は10%となりますが、同日以後に行われる資産の譲渡等であっても経過措置が適用されるものにつきましては、消費税率は8%で計算することとなります。

“消費税8%と10%の判定【経過措置や月跨ぎに注意】” の続きを読む