役員と会社間における不動産や金銭の貸付【税務上の取扱い】

個人事業主の方が会社を設立した場合等の留意事項としまして、自身の資産と会社の資産を明確に区分することが挙げられます。今回は役員・法人間で行われる金銭及び不動産の貸借に係る税務上の取扱いを解説いたします。

“役員と会社間における不動産や金銭の貸付【税務上の取扱い】” の続きを読む

得意先との取引に係る貸倒れや支援等【別表の記載まで】

不況下におきましては、得意先に係る債権の貸倒れが生じたり、あるいは生じる可能性が高くなるケースがあります。一方で、取引先を支援する為の活動を行うこともあります。これらの場合における税務上の取扱いをご紹介致します。

“得意先との取引に係る貸倒れや支援等【別表の記載まで】” の続きを読む

非上場株式の譲渡と買取について【税務上の取扱い】

非上場株式は上場株式のように取引市場が無く、また大抵の場合は譲渡制限が付されております。そのような理由から結果的に、発行会社が株主から買い取るケースがあります。今回は非上場株式の譲渡における税務上の取扱いについて解説いたします。

“非上場株式の譲渡と買取について【税務上の取扱い】” の続きを読む

居住用賃貸建物に係る消費税について【税制改正による影響】

令和2年度税制改正により、マンションなど居住用の賃貸建物の購入に係る消費税額が、原則控除できないこととなります。賃貸料も含めまして、取扱いが従来から大幅に変わりますので、内容を正しく理解しておく必要があります。

“居住用賃貸建物に係る消費税について【税制改正による影響】” の続きを読む

持続化給付金等の申請上の留意点【税理士の視点から】

新型コロナウイルス感染症の影響により事業収入が減少した場合に給付を受けられる持続化給付金ですが、事業所得の他、業務委託契約により給与所得又は雑所得として申告されている方も申請が可能となっております。このほか家賃支援給付金も申請受付が始まっております。これらの申請における留意点を解説致します。

“持続化給付金等の申請上の留意点【税理士の視点から】” の続きを読む