居住用賃貸建物に係る消費税について【税制改正による影響】

令和2年度税制改正により、マンションなど居住用の賃貸建物の購入に係る消費税額が、原則控除できないこととなります。賃貸料も含めまして、取扱いが従来から大幅に変わりますので、内容を正しく理解しておく必要があります。

“居住用賃貸建物に係る消費税について【税制改正による影響】” の続きを読む

各種税金の申告期限について【個人と法人で異なります】

所得税、法人税及び消費税などは申告納税方式を採用している為、定められた期限までに申告書を提出し納付する必要があります。一方で賦課課税方式の税金は申告は不要で納税通知書による納付を行います。但し、税金の種類によっては個人事業の場合と法人の場合とで申告及び納付の期限が異なるケースがあります。

“各種税金の申告期限について【個人と法人で異なります】” の続きを読む

輸入に係る税務上の留意点【消費税編】

輸入販売を行う事業者は、外国貨物を保税地域から引き取る際に輸入申告書を税関長に提出して輸入許可を受け、同時に関税及び消費税の申告と納付を行います。課税貨物に係る消費税は、国内課税仕入に係る消費税とは異なる特徴が多数ある為、知識や準備が必要となってまいります。

“輸入に係る税務上の留意点【消費税編】” の続きを読む

消費税8%と10%の判定【経過措置や月跨ぎに注意】

2019年10月1日以後に国内において事業者が行う資産の譲渡等及び課税仕入、そして保税地域から引き取られる課税貨物につきましては、消費税率は10%となりますが、同日以後に行われる資産の譲渡等であっても経過措置が適用されるものにつきましては、消費税率は8%で計算することとなります。

“消費税8%と10%の判定【経過措置や月跨ぎに注意】” の続きを読む

建議書から読み解く税制の仕組み②【消費税・相続税編】

前回の記事に引き続き、日税連の建議書につきまして内容を見てまいります。公平かつ合理的な税制の確立と申告納税制度の維持・発展を求めており、現状の税制における問題点を指摘しております。今回は消費税と相続税を中心に解説いたします。

“建議書から読み解く税制の仕組み②【消費税・相続税編】” の続きを読む