相続税がかかるかどうかの判定②【小規模宅地等の特例編】

相続財産価格が基礎控除額を超えている場合でも、宅地が相続財産のうちに占める割合が大きい場合は、小規模宅地等の特例を適用することにより相続税を無税あるいは大きく減らすことが可能です。但しこの特例の適用を受けるには申告が必須です。

“相続税がかかるかどうかの判定②【小規模宅地等の特例編】” の続きを読む

認定医療法人制度と税金の取扱いについて

認定医療法人制度(持分なしから持分ありへの移行)は平成29年9月が期限でしたが、3年間延長されております。また役員数や医療計画の記載などの要件が緩和されており、以前に比べ使い勝手が良くなっております。今回は当該制度の内容及び税法上の取扱いについてご紹介いたします。

“認定医療法人制度と税金の取扱いについて” の続きを読む

路線価による土地評価額の計算【税金対策に必須】

相続や贈与の対象となった財産の評価において最も大変なのが土地の評価です。しかし、路線価の有る一般的な住宅地であれば、路線価図と登記簿謄本を用いて概算金額を見積もることは可能です。但し、宅地であってもその形状や大きさ、面する道路の数などにより計算方法は異なります。 “路線価による土地評価額の計算【税金対策に必須】” の続きを読む

駐車場にまつわる税金の話し【消費税判定から土地評価まで】

自己の所有する未使用の土地を有効活用する為に駐車場を設けることはありますが、利用者から受け取る賃借料には所得税がかかり、課税取引であれば消費税が発生します。また、その他にも様々な税金が関与してまいります。 “駐車場にまつわる税金の話し【消費税判定から土地評価まで】” の続きを読む

純資産価額方式による非上場株式の評価【計算明細書への記載まで】

非上場株式の評価において、受贈者が同族株主等以外の株主などではなく、かつ会社区分が大会社以外の場合には、純資産価額方式(併用の場合を含む)により評価を行うこととなります。今回は同方式による留意点等を解説いたします。 “純資産価額方式による非上場株式の評価【計算明細書への記載まで】” の続きを読む

類似業種比準方式の計算方法の解説【評価明細書の記載を含む】

非上場株式の評価は大変複雑で専門でない方にとっては厳しい作業となります。そこで同評価方法のうち、大会社が適用される類似業種比準方式について、少しでもわかりやすく説明したいと思います。 “類似業種比準方式の計算方法の解説【評価明細書の記載を含む】” の続きを読む