暗号資産に係る税務上の取扱い【税金計算から報告制度まで】

暗号資産(仮想通貨)の売買等により利益が生じた場合は、基本的に確定申告が必要となります。暗号資産に係る売却損益の計算方法の他、売買以外の取引に係る税務上の取扱いなど、留意すべき事項を取り上げてまいります。

“暗号資産に係る税務上の取扱い【税金計算から報告制度まで】” の続きを読む

電子帳簿保存法の改正内容の解説【負担軽減】

令和3年度税制改正により電子帳簿保存制度の見直し等がされ、電子帳簿保存やスキャナ保存の要件が変わります。また、電子取引については一定の要件を満たした上でデータ保存が必要となります。ポイントを絞ってこれらについて解説致します。なお、施行日は令和4年1月1日となります。

“電子帳簿保存法の改正内容の解説【負担軽減】” の続きを読む

令和3年度以降の所得拡大促進税制等について【要件緩和】

多くの企業に利用されている賃上げ等を行った場合の税額控除制度ですが、税制改正により令和3年4月1日以後開始事業年度から取扱いが変更されます。すべての青色申告法人が適用できる人材確保等促進税制と、中小企業者等のみが利用できる所得拡大促進税制に改組されました。変更後の取扱いにつき解説いたします。

“令和3年度以降の所得拡大促進税制等について【要件緩和】” の続きを読む

非永住者の税務上の留意点【送金課税など】

外国籍の方が日本で仕事をするために来日した場合、税務上基本的には非永住者という扱いとなります。非永住者は永住者や非居住者と課税範囲が異なります。一定期間が過ぎますと永住者となりますが、その場合国外財産調書制度などにも留意が必要です。

“非永住者の税務上の留意点【送金課税など】” の続きを読む

海外投資をする方の税金計算について【外国税額控除】

海外投資をされている方の中には、投資国において申告を行っている、あるいは源泉徴収が差し引かれているから日本での納税は必要ないと思われているかもしれませんが、それは誤りです。但し、申告の際に外国税額控除を適用することにより、税負担を軽減することができます。

“海外投資をする方の税金計算について【外国税額控除】” の続きを読む

役員と会社間における不動産や金銭の貸付【税務上の取扱い】

個人事業主の方が会社を設立した場合等の留意事項としまして、自身の資産と会社の資産を明確に区分することが挙げられます。今回は役員・法人間で行われる金銭及び不動産の貸借に係る税務上の取扱いを解説いたします。

“役員と会社間における不動産や金銭の貸付【税務上の取扱い】” の続きを読む