非永住者の税務上の留意点【送金課税など】

外国籍の方が日本で仕事をするために来日した場合、税務上基本的には非永住者という扱いとなります。非永住者は永住者や非居住者と課税範囲が異なります。一定期間が過ぎますと永住者となりますが、その場合国外財産調書制度などにも留意が必要です。

“非永住者の税務上の留意点【送金課税など】” の続きを読む

海外投資をする方の税金計算について【外国税額控除】

海外投資をされている方の中には、投資国において申告を行っている、あるいは源泉徴収が差し引かれているから日本での納税は必要ないと思われているかもしれませんが、それは誤りです。但し、申告の際に外国税額控除を適用することにより、税負担を軽減することができます。

“海外投資をする方の税金計算について【外国税額控除】” の続きを読む

輸入に係る税務上の留意点【法人税編】

輸入販売を行う場合、税務上の留意点としまして課税貨物に係る消費税の他に、仕入の計上時期をどのタイミングにするかということがあります。また、外貨建取引を行う場合には日本円への換算が必要となり、為替変動による利益や損失が生じるため、税金計算にも影響を及ぼします。

“輸入に係る税務上の留意点【法人税編】” の続きを読む

輸入に係る税務上の留意点【消費税編】

輸入販売を行う事業者は、外国貨物を保税地域から引き取る際に輸入申告書を税関長に提出して輸入許可を受け、同時に関税及び消費税の申告と納付を行います。課税貨物に係る消費税は、国内課税仕入に係る消費税とは異なる特徴が多数ある為、知識や準備が必要となってまいります。

“輸入に係る税務上の留意点【消費税編】” の続きを読む