輸入に係る税務上の留意点【法人税編】

輸入販売を行う場合、税務上の留意点としまして課税貨物に係る消費税の他に、仕入の計上時期をどのタイミングにするかということがあります。また、外貨建取引を行う場合には日本円への換算が必要となり、為替変動による利益や損失が生じるため、税金計算にも影響を及ぼします。

“輸入に係る税務上の留意点【法人税編】” の続きを読む

輸入に係る税務上の留意点【消費税編】

輸入販売を行う事業者は、外国貨物を保税地域から引き取る際に輸入申告書を税関長に提出して輸入許可を受け、同時に関税及び消費税の申告と納付を行います。課税貨物に係る消費税は、国内課税仕入に係る消費税とは異なる特徴が多数ある為、知識や準備が必要となってまいります。

“輸入に係る税務上の留意点【消費税編】” の続きを読む

国際電子商取引における消費税の取扱い【電子書籍の配信やクラウドサービスなど】

消費税法上、通常国内外にわたって行われる役務提供を受ける場合は、役務提供を行う者の事務所等の所在地で国内取引の判定が行われますが、海外事業者からの電子書籍等の配信やクラウド上での電子データ保存場所の提供を受けるときなどは、その判定方法や課税方式が異なります。

“国際電子商取引における消費税の取扱い【電子書籍の配信やクラウドサービスなど】” の続きを読む