各種税金の申告期限について【個人と法人で異なります】

所得税、法人税及び消費税などは申告納税方式を採用している為、定められた期限までに申告書を提出し納付する必要があります。一方で賦課課税方式の税金は申告は不要で納税通知書による納付を行います。但し、税金の種類によっては個人事業の場合と法人の場合とで申告及び納付の期限が異なるケースがあります。

“各種税金の申告期限について【個人と法人で異なります】” の続きを読む

法人と個人の税金比較【種類や税率の違いなど】

今回は個人と法人の主に事業に係る税金の相違点について、比較をしながら解説をしたいと思います。所得税は超過累進税率で、法人税は固定税率であることの他にも相違点は多岐にわたります。国税の他に地方税が生じますが、こちらも個人か法人かにより取扱いが大きく異なる場合があります。

“法人と個人の税金比較【種類や税率の違いなど】” の続きを読む

駐車場にまつわる税金の話し【消費税判定から土地評価まで】

自己の所有する未使用の土地を有効活用する為に駐車場を設けることはありますが、利用者から受け取る賃借料には所得税がかかり、課税取引であれば消費税が発生します。また、その他にも様々な税金が関与してまいります。 “駐車場にまつわる税金の話し【消費税判定から土地評価まで】” の続きを読む

中小企業が設備投資を行ったときの特例税制【即時償却や固定資産税減免】

中小企業の設備投資に係る税制は様々なものがあり、法人税における特別償却や税額控除のみならず、固定資産税についても減免措置があります。これらの制度の適用を受ける際の留意点などを述べたいと思います。

“中小企業が設備投資を行ったときの特例税制【即時償却や固定資産税減免】” の続きを読む

個人における住民税の解説【所得税との違い】

個人住民税は、その年の1月1日に住所の有る市町村から課税されます。その年の途中に引越しがあった場合は、引っ越す前の市町村にその年の6月以降、前年の所得に係る住民税を支払うこととなります。支払方法には特別徴収(給与天引き)と普通徴収があります。

“個人における住民税の解説【所得税との違い】” の続きを読む