配偶者居住権の税務上の取扱い【要件及び効果】

民法改正に伴い創設された配偶者居住権ですが、その内容や課税関係について解説したいと思います。制度の主な趣旨は、配偶者に家と土地が相続されても、相続税を納める資金がなく、当該不動産を手放さざるを得ないようなケースを回避し、配偶者居住権と資金を相続することで安心して生活できるようすることです。

“配偶者居住権の税務上の取扱い【要件及び効果】” の続きを読む

建議書から読み解く税制の仕組み②【消費税・相続税編】

前回の記事に引き続き、日税連の建議書につきまして内容を見てまいります。公平かつ合理的な税制の確立と申告納税制度の維持・発展を求めており、現状の税制における問題点を指摘しております。今回は消費税と相続税を中心に解説いたします。

“建議書から読み解く税制の仕組み②【消費税・相続税編】” の続きを読む

相続税がかかるかどうかの判定②【小規模宅地等の特例編】

相続財産価格が基礎控除額を超えている場合でも、宅地が相続財産のうちに占める割合が大きい場合は、小規模宅地等の特例を適用することにより相続税を無税あるいは大きく減らすことが可能です。但しこの特例の適用を受けるには申告が必須です。

“相続税がかかるかどうかの判定②【小規模宅地等の特例編】” の続きを読む

相続税がかかるかどうかの判定①【法定相続人編】

家族内に相続がおきた場合、多くの方は相続税を支払わなければならないのか悩まれるのではないでしょうか。相続税は相続財産の価格が基礎控除額を超える場合に生じます。但し基礎控除額は法定相続人の数により変動する為、法定相続人に関する知識が重要となります。

“相続税がかかるかどうかの判定①【法定相続人編】” の続きを読む

認定医療法人制度と税金の取扱いについて

認定医療法人制度(持分なしから持分ありへの移行)は平成29年9月が期限でしたが、3年間延長されております。また役員数や医療計画の記載などの要件が緩和されており、以前に比べ使い勝手が良くなっております。今回は当該制度の内容及び税法上の取扱いについてご紹介いたします。

“認定医療法人制度と税金の取扱いについて” の続きを読む