簡易課税の事業区分の判定における留意事項【加工賃等を対価とする役務など】

消費税における簡易課税は、小規模事業者の事務負担に配慮された制度ですが、原則課税と比較して益税もしくは損税が発生することや、届出が必要となるなど留意点も多数あります。その中から事業区分の判定を中心に解説をいたします。

“簡易課税の事業区分の判定における留意事項【加工賃等を対価とする役務など】” の続きを読む

難解な消費税の納税義務判定について【特定期間・特定新規設立法人】

近年の税制改正により、消費税法における納税義務者の判定はますます複雑化しております。その中から特に悩ましいと思われる特定期間と特定新規設立法人に関して説明をしたいと思います。

“難解な消費税の納税義務判定について【特定期間・特定新規設立法人】” の続きを読む

国際電子商取引における消費税の取扱い【電子書籍の配信やクラウドサービスなど】

消費税法上、通常国内外にわたって行われる役務提供を受ける場合は、役務提供を行う者の事務所等の所在地で国内取引の判定が行われますが、海外事業者からの電子書籍等の配信やクラウド上での電子データ保存場所の提供を受けるときなどは、その判定方法や課税方式が異なります。

“国際電子商取引における消費税の取扱い【電子書籍の配信やクラウドサービスなど】” の続きを読む

税務署の処分に納得できないときは・・【審査請求の方法】

きちんと会計帳簿を作成し、税務申告を行っている人ほど税務調査により更正処分を受けたときは、その処分内容に納得できないことがあるのではないでしょうか。そのような場合には審査請求という手段があります。 “税務署の処分に納得できないときは・・【審査請求の方法】” の続きを読む