少額減価償却資産の取扱いまとめ【要件や別表など】

減価償却資産は、通常耐用年数にわたり減価償却を通じて一定金額が損金に算入されますが、少額減価償却資産は取得・事業供用した年度に全額算入することが可能です。今回は少額減価償却資産の詳細について税制改正も含めて解説いたします。

“少額減価償却資産の取扱いまとめ【要件や別表など】” の続きを読む

中小企業者等の判定が変わります【少額減価償却資産等への影響】

平成31年度税制改正により中小企業者等の判定に使用される大規模法人の定義が変わりました。これまでは直接の親会社の資本金の金額や株式の保有割合だけを見ていれば判断ができましたが、今後は親会社の株主等についても確認が必要となります。 “中小企業者等の判定が変わります【少額減価償却資産等への影響】” の続きを読む

中小企業が設備投資を行ったときの特例税制【即時償却や固定資産税減免】

中小企業の設備投資に係る税制は様々なものがあり、法人税における特別償却や税額控除のみならず、固定資産税についても減免措置があります。これらの制度の適用を受ける際の留意点などを述べたいと思います。

“中小企業が設備投資を行ったときの特例税制【即時償却や固定資産税減免】” の続きを読む