土地の利用単位の判定【駐車場やアパートなど】

相続等において隣接する宅地を評価する場合、評価単位を正しく決めることが税金計算上かなり重要なポイントとなります。その判断によっては減額措置の適用漏れにもつながりかねません。中でもアパートや駐車場を有しているケースを中心に取り上げてみます。

“土地の利用単位の判定【駐車場やアパートなど】” の続きを読む

路線価による土地評価額の計算【税金対策に必須】

相続や贈与の対象となった財産の評価において最も大変なのが土地の評価です。しかし、路線価の有る一般的な住宅地であれば、路線価図と登記簿謄本を用いて概算金額を見積もることは可能です。但し、宅地であってもその形状や大きさ、面する道路の数などにより計算方法は異なります。 “路線価による土地評価額の計算【税金対策に必須】” の続きを読む

駐車場にまつわる税金の話し【消費税判定から土地評価まで】

自己の所有する未使用の土地を有効活用する為に駐車場を設けることはありますが、利用者から受け取る賃借料には所得税がかかり、課税取引であれば消費税が発生します。また、その他にも様々な税金が関与してまいります。 “駐車場にまつわる税金の話し【消費税判定から土地評価まで】” の続きを読む