居住用賃貸建物に係る消費税について【税制改正による影響】

令和2年度税制改正により、マンションなど居住用の賃貸建物の購入に係る消費税額が、原則控除できないこととなります。賃貸料も含めまして、取扱いが従来から大幅に変わりますので、内容を正しく理解しておく必要があります。

“居住用賃貸建物に係る消費税について【税制改正による影響】” の続きを読む

建議書から読み解く税制の仕組み②【消費税・相続税編】

前回の記事に引き続き、日税連の建議書につきまして内容を見てまいります。公平かつ合理的な税制の確立と申告納税制度の維持・発展を求めており、現状の税制における問題点を指摘しております。今回は消費税と相続税を中心に解説いたします。

“建議書から読み解く税制の仕組み②【消費税・相続税編】” の続きを読む

消費税軽減税率制度についての解説【取引の判定や申告など】

2019年10月1日からの消費税増税に伴い軽減税率制度が導入されます。対象は飲食料品の譲渡及び定期購読契約による新聞の譲渡ですが、これらを商品として取り扱わない業種においても、接待交際費や福利厚生費などで取引が生じることとなる為、その準備が必要です。
“消費税軽減税率制度についての解説【取引の判定や申告など】” の続きを読む

簡易課税の事業区分の判定における留意事項【加工賃等を対価とする役務など】

消費税における簡易課税は、小規模事業者の事務負担に配慮された制度ですが、原則課税と比較して益税もしくは損税が発生することや、届出が必要となるなど留意点も多数あります。その中から事業区分の判定を中心に解説をいたします。

“簡易課税の事業区分の判定における留意事項【加工賃等を対価とする役務など】” の続きを読む