土地の利用単位の判定【駐車場やアパートなど】

相続等において隣接する宅地を評価する場合、評価単位を正しく決めることが税金計算上かなり重要なポイントとなります。その判断によっては減額措置の適用漏れにもつながりかねません。中でもアパートや駐車場を有しているケースを中心に取り上げてみます。

“土地の利用単位の判定【駐車場やアパートなど】” の続きを読む

個別対応方式の用途区分の仕方【判定における留意事項】

消費税の納税額の計算ですが、当期の課税期間における課税売上割合が95%未満等の場合は、仕入に係る消費税額を全額控除することはできません。仕入控除税額を按分計算する方法のうち、特に個別対応方式における用途区分について取り上げてみます。

“個別対応方式の用途区分の仕方【判定における留意事項】” の続きを読む

令和4年における住宅ローン控除の取扱い【新築住宅にかかる税金まで】

令和4年(2022年)に入居した場合の住宅ローン控除ですが、契約日により取り扱いが異なるケースが生じます。令和4年度税制改正の内容の他、確定申告における留意点や、家を新築した場合の諸税金についても取り上げたいと思います。

“令和4年における住宅ローン控除の取扱い【新築住宅にかかる税金まで】” の続きを読む

少額減価償却資産の取扱いまとめ【要件や別表など】

減価償却資産は、通常耐用年数にわたり減価償却を通じて一定金額が損金に算入されますが、少額減価償却資産は取得・事業供用した年度に全額算入することが可能です。今回は少額減価償却資産の詳細について税制改正も含めて解説いたします。

“少額減価償却資産の取扱いまとめ【要件や別表など】” の続きを読む

エクセルを使ったふるさと納税の計算方法【控除上限額】

ポピュラーな節税対策として利用されておりますふるさと納税ですが、税金の控除額には上限が定められております。上限を超える金額は控除の対象から外れる為、上限額を把握することは重要です。今回はエクセルを使って控除上限額を算定する方法をご紹介いたします。

“エクセルを使ったふるさと納税の計算方法【控除上限額】” の続きを読む

期限切れ欠損金の活用方法【実態貸借対照表の作成など】

会社が解散をした場合において、期限切れ欠損金を活用するには残余財産がないと見込まれることが条件となります。残余財産がないと見込まれることを証明するには、通常実態貸借対照表を作成し純資産額がゼロ円以下であることを示します。

“期限切れ欠損金の活用方法【実態貸借対照表の作成など】” の続きを読む