令和6年からの生前贈与について【相続時精算課税の活用方法】

令和5年度税制改正により、令和6年1月1日以後に行われる生前贈与の取扱いが変わります。相続前に行われた贈与財産の相続財産へ加算する期間が3年から延長されます。一方で相続時精算課税制度におきましては特別控除額の他に新たに非課税枠が設けられます。

“令和6年からの生前贈与について【相続時精算課税の活用方法】” の続きを読む

令和5年3月期の賃上げ促進税制の取扱い【継続雇用者判定など】

令和5年(2023年)3月期における賃上げに係る税額控除制度ですが、大企業の場合、適用要件において継続雇用者の概念が復活しております。一方で上乗せ分も含めた控除割合は、中小企業とともに従前よりも増加しております。

“令和5年3月期の賃上げ促進税制の取扱い【継続雇用者判定など】” の続きを読む

土地の利用単位の判定【駐車場やアパートなど】

相続等において隣接する宅地を評価する場合、評価単位を正しく決めることが税金計算上かなり重要なポイントとなります。その判断によっては減額措置の適用漏れにもつながりかねません。中でもアパートや駐車場を有しているケースを中心に取り上げてみます。

“土地の利用単位の判定【駐車場やアパートなど】” の続きを読む

個別対応方式の用途区分の仕方【判定における留意事項】

消費税の納税額の計算ですが、当期の課税期間における課税売上割合が95%未満等の場合は、仕入に係る消費税額を全額控除することはできません。仕入控除税額を按分計算する方法のうち、特に個別対応方式における用途区分について取り上げてみます。

“個別対応方式の用途区分の仕方【判定における留意事項】” の続きを読む

令和4年における住宅ローン控除の取扱い【新築住宅にかかる税金まで】

令和4年(2022年)に入居した場合の住宅ローン控除ですが、契約日により取り扱いが異なるケースが生じます。令和4年度税制改正の内容の他、確定申告における留意点や、家を新築した場合の諸税金についても取り上げたいと思います。

“令和4年における住宅ローン控除の取扱い【新築住宅にかかる税金まで】” の続きを読む

少額減価償却資産の取扱いまとめ【要件や別表など】

減価償却資産は、通常耐用年数にわたり減価償却を通じて一定金額が損金に算入されますが、少額減価償却資産は取得・事業供用した年度に全額算入することが可能です。今回は少額減価償却資産の詳細について税制改正も含めて解説いたします。

“少額減価償却資産の取扱いまとめ【要件や別表など】” の続きを読む

Verified by MonsterInsights