役員報酬の留意点の解説【経済的利益や金額設定など】

法人成りをした場合、役員報酬の設定金額をどのようにするかにより個人を含めた税金や社会保険料の負担額が変わってきます。しかし役員報酬は損金算入されるものは限られており、そのルールを理解しておくことが重要となってまいります。

“役員報酬の留意点の解説【経済的利益や金額設定など】” の続きを読む

建議書から読み解く税制の仕組み①【所得税・法人税編】

日税連は毎年税制改正に関する建議書を取りまとめて関係省庁へ提出しております。その内容は主に現状の税制の改善に係る提案ですが、これを読み解くことにより、税金計算の仕組みの理解や有利判定の感覚を養うことにも役立ちます。

“建議書から読み解く税制の仕組み①【所得税・法人税編】” の続きを読む

相続税がかかるかどうかの判定②【小規模宅地等の特例編】

相続財産価格が基礎控除額を超えている場合でも、宅地が相続財産のうちに占める割合が大きい場合は、小規模宅地等の特例を適用することにより相続税を無税あるいは大きく減らすことが可能です。但しこの特例の適用を受けるには申告が必須です。

“相続税がかかるかどうかの判定②【小規模宅地等の特例編】” の続きを読む

路線価による土地評価額の計算【税金対策に必須】

相続や贈与の対象となった財産の評価において最も大変なのが土地の評価です。しかし、路線価の有る一般的な住宅地であれば、路線価図と登記簿謄本を用いて概算金額を見積もることは可能です。但し、宅地であってもその形状や大きさ、面する道路の数などにより計算方法は異なります。 “路線価による土地評価額の計算【税金対策に必須】” の続きを読む