副業を行った場合の確定申告【申告義務や手続き】

副業など複数の仕事に従事している場合の確定申告の要否や、申告の仕方について悩まれる方は多いかと存じます。しかしながら、所得税における申告不要の特例や独自の税金計算方法を理解することで判断が可能となります。

“副業を行った場合の確定申告【申告義務や手続き】” の続きを読む

各種税金の申告期限について【個人と法人で異なります】

所得税、法人税及び消費税などは申告納税方式を採用している為、定められた期限までに申告書を提出し納付する必要があります。一方で賦課課税方式の税金は申告は不要で納税通知書による納付を行います。但し、税金の種類によっては個人事業の場合と法人の場合とで申告及び納付の期限が異なるケースがあります。

“各種税金の申告期限について【個人と法人で異なります】” の続きを読む

法人と個人の税金比較【種類や税率の違いなど】

今回は個人と法人の主に事業に係る税金の相違点について、比較をしながら解説をしたいと思います。所得税は超過累進税率で、法人税は固定税率であることの他にも相違点は多岐にわたります。国税の他に地方税が生じますが、こちらも個人か法人かにより取扱いが大きく異なる場合があります。

“法人と個人の税金比較【種類や税率の違いなど】” の続きを読む

相続税がかかるかどうかの判定②【小規模宅地等の特例編】

相続財産価格が基礎控除額を超えている場合でも、宅地が相続財産のうちに占める割合が大きい場合は、小規模宅地等の特例を適用することにより相続税を無税あるいは大きく減らすことが可能です。但しこの特例の適用を受けるには申告が必須です。

“相続税がかかるかどうかの判定②【小規模宅地等の特例編】” の続きを読む

相続税がかかるかどうかの判定①【法定相続人編】

家族内に相続がおきた場合、多くの方は相続税を支払わなければならないのか悩まれるのではないでしょうか。相続税は相続財産の価格が基礎控除額を超える場合に生じます。但し基礎控除額は法定相続人の数により変動する為、法定相続人に関する知識が重要となります。

“相続税がかかるかどうかの判定①【法定相続人編】” の続きを読む